ダイエットにいいプロテインの飲み方

どのようにプロテインでダイエットをする場合には飲んだほうが良いのでしょうか。
日本人が1日に吸収できるたんぱく質は35gとされています。


過剰にプロテインを摂取してもダイエット効果は無いばかりか、害になってしまうこともあります。
食事代わりにと分量を抑制するためにプロテインを摂取し、激しい運動を直後にすると肝臓や腎臓に負担がかかることがあります。


ぬるま湯や牛乳にプロテインを溶かし飲む方法は、吸収効率のいいダイエット時のプロテインの飲み方だといえます。
溶かしこむ液体の温度を60度以上にするとプロテインが変質してしまいますので、温度には気をつけてください。


続けて飲んでも飽きないようにする工夫もできるでしょう。
色々な液体たとえばオレンジジュースやお茶などに溶かしてみたり、プロテインの中でも味のついたものを飲んでみましょう。


プロテインを摂取するタイミングは、運動を始める1~2時間前です。
筋肉の修復のために、摂取して運動時のエネルギーの確保をしながら役立てるという方法が一般的なダイエット方法です。
疲労回復に運動後30以内に摂取して活用する方法や、筋繊維の修復に寝る2~3時間前に摂取してあてるというやり方もあるようです。


ダイエットをプロテインで行う場合念頭に置いておきたいのは、プロテインは飲んでから吸収まで多少の時間がかかるということです。